スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

我々の取り組み(その1)

今年の7月2日空中庭園展望台は様相を一新しました。
その際のテーマの一つは「夜景のグレードを上げる」です。

空中庭園展望台の魅力の一番はなんと言っても都心のナイトビューです。この最大の魅力をもっともっと高めようというのが「夜景のグレードを上げる」ということでした。


屋上に上がれば、目の前を遮るものもなく、素晴らしい夜景を楽しめます。
しかし、40階の展望フロアは屋内であるため、どうしても窓ガラスに室内の様子が写りこんでしまい、せっかくの夜景を100%楽しむことができませんでした。

これをどうするか。


解決方法は単純で、室内の照明を全て消してしまえばいいのです。真っ暗なところからなら、窓ガラスに何も映ることなく、外の景色を楽しめます。
しかし、これでは足下もあやしく、大変危険です。この方法はとても採用できません。


二つめが、室内色を真っ黒にすることです。
この方法もにも欠点があります。
昼の雰囲気が暗くなること。また、壁が黒一色で変化にかけることです。


最終的に我々が選択したのは、内側(窓の反対側)に茶系色のブラインドを取り付け、夜間のみ閉めるという方法です。
昼間は↓このように世界の塔のパネルを楽しむことができます。
DSC_5530.jpg

夜になると↓このようにブラインドを閉める
DSC_5529.jpg

という単純な方法で、我々は室内の照明をそれほど暗くすることなく、窓への写り込みを排除することに成功しました。


展望フロア南側、シティービューと名付けたゾーンです。
夜景をとてもきれいに楽しめます。


さて、ここに写っているカップル用の椅子ですが「エスカルゴ・キャビン」という名前です。
これについてのお話はまた次回に。



書いた人/迷宮のアンドローロ

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

  1. 2008/10/27(月) 18:27:11|
  2. 空中庭園のインテリア
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<我々の取り組み(その2)~居場所作り | ホーム | ブログ始めました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://evolution173.blog24.fc2.com/tb.php/4-17c92faa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

我々の取り組み(その1)

今年の7月2日空中庭園展望台は様相を一新しました。その際のテーマの一つは「夜景のグレードを上げる」です。空中庭園展望台の魅力の一番...
  1. 2008/10/29(水) 21:27:05 |
  2. 猫頭女神の興味シンシン

空中庭園サイトへ


プロフィール

173探検隊

Author:173探検隊

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

星空に一番近い七夕祭り (70)
新梅田シティの蘊蓄を語る (30)
空中庭園のインテリア (3)
新梅田シティのランドスケープ (3)
こんな所にも173 (89)
新梅田シティを大阪の街から見る (6)
進化する空中庭園 (35)
よもやま話 (110)
最新情報 (476)
クリスマス (37)
金環日食 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。